復調

上長と面談。この会社に来てからの仕事ぶりを感謝された。最近は本当に悩みっぱなしで、体調不良も乗っかって、仕事でもしょうもないミスが続いたりで、散々な気持ちだったけど、一気にそういう暗いものが吹き飛んだ。


前は良い気持ちになるのも、悪い気持ちになるのも、バイオリズムのように、他人ではどうしようもないと考えていたけど、そうではないんだと今更ながら気付いた。バリバリ他人次第で、変わるものなんだなと思った。


仕事については、自分が全くできない領域があるんだが、やる必要はないとのコメント。出来なくて役に立たないなぁと落ち込んでいたので、かなり救われた。自分には自分の役割があるんやな、と。

仕事疲れ

ここ最近、仕事をどうしていこうかとばかり考えている。 

悩みのタネは自分は職場の人間関係を円滑に進めることが出来ないこと。コミュニケーションが下手。職場で話し合える友達の数も少ない。
職場の有力者に嫌われて、辛い思いをすることが多い。前の職場でもそうだったし、今の職場も少しそう。幸いなのはまだ同情してくれる人がそばにいること。もうちょっとは頑張れる。

しかし、この問題を含めて、自分はこの職場でどうやっていくのか将来像が描けないでいる。本音を言えば、全力で現状維持したい。もっと言えば休みがもっと欲しく、残業を少なくしたい。
が、この会社、社員の成長を非常に重視する。ペーペーは技術を率いるリーダーやマネージャーを目指さなければならない。
そもそもの間違いは転職の面接で、自分は受けがいいように答えてしまったことだと思う。自分がものすごく保守派(つまり、変化を望まない)ということにも理解が及んでいなかった。時間や体力に余裕がある時は変化を楽しむ余裕があるから、分からなかったんだと思う。

自分は余裕のある職場でなら変化を望める。しかし、余裕の無いところでは現状維持しか出来ない。そういうことに今気付いて非常にしんどい。周りはどんだけ働いても同じモチベーションを維持できているようで、そういう人たちと自分は違うなって思った。勿論我慢してるのは分かるけど、私はそんなに我慢が出来ない。
コミュニケーションの問題だって余裕があれば、もっと上手くやれてた。実際、まだ余裕ある時は良かったしね。

世の中は長時間労働が是正される向きに議論はある。あるのだが、いつ実行されるのか?ということと、変化が本当に起きるのかが疑問だ。
実現されるにしろ、社内失業という形で実現される気もする。実際、前の会社が残業対策に取り組んだ結果、そうなってた。無駄な仕事、と呼ばれるものを削った結果、社外へのアウトプットの品質が下がり、売り上げが成り立たなくなった。そしてさらに仕事が少なくなり、仕事自体が減った。だから私は辞める時、仕事は残業過多でやるくらいでないと儲けが出ないと思った。今もその考えは変わってなくて、例外はあっても継続的に成長している会社はそういう会社なのだと思う。

仕事がつまらなくて株で暮らしたい

仕事がつまらなくて、株だけで暮らせたらどんだけ楽しいだろうかってことばかり考えてる。

トータル利益を計算してみると、自分の現預金を含めた金融資産全体からして、運用の収益率は、年率にして2-3%程度。

半分以上、現金なので、あまり突っ込んでないというのもある。

全てリスク資産で運用しら、5%くらいにはなるか。

しかし、それでも株だけで生きていくには全然足りない。

運用できる資産が少なくとも1億円を超えないと今の運用スタイルではとても夢にはたどり着けない。

ここは、運用スタイルを変えていく必要があるように思う。

少なくとも5倍の効率が必要だけど、うーん、常識的に考えて難しいな。

退職できない夢

まだ前の会社を退職出来ていないという夢を見た。辞めてもう半年になるのに、未だに辞めたという事実が定着していないということか? 8年も務めたしね。

もしあのまま働き続けていたら、と考えるとゾッとする。退屈で未来が無かった。が、今の仕事で辛いことがあると、戻りたくなってしまう。退屈で未来は無かったが、早く帰れて、子供と一緒に遊ぶことが出来た。今は平日はまず子供と遊べない。

未来ということで言えば、今の仕事にも未来を悩んでいる。こうありたいというものが漠然としている。唯一今の上司は良い人なので、ああなりたいと思う。が、会社として求められてるのはもっと違うタイプなのかな、とも思う。

昇格試験

昇格試験に申し込んだ。選考された以上、当然の行為。給料も格段に上がるメリットがある。しかし、心は晴れない。

その資格が自分にあるのかという不安と周りの目。多分、誰からも認められていないと感じる。その資格に足る成果を出せていないのではないか。

自分と同じように技術面に不安がありつつ出世してしまった人もいる。そういう人たちも同じ気持ちだったんだろうな。

それでも前に進もうと思う。どんな世界か分からないし、後悔することもあるだろうが、やらずに後悔するよりも、やって後悔してみよう。

元カノのことを思い出し濡れる

自分は今の妻と出会う前、ネット婚活をやっていた。そこで出会ったのが元カノ。当時私が28に対し、彼女は32。容姿は良くない。はっきり言って条件はあんまり良くないんだが、自分も人のこと言えないほど欠点まみれだ。

彼女は自分の好きなことをちゃんと選んで人生を生きていて、そういうところに憧れて付き合った。自分が全然そうできていないから。側からはそう見せないように取り繕っているし、平均よりもゆとりのある生活ができているが、現実問題として、自分には軸がない。そこは自分の昔も今でもコンプレックスに思っている。だから好きに生きてる人に憧れるのだ。
しかし付き合って見ると、そういう好きに生きてる人のマイペース加減に参った。多くを犠牲にしつつ、好きなものに囲まれて生きてきた人だ。恋人という立場だからこそ、求めるものが多かった。言葉の選び方ひとつ取っても非常に敏感だった。だから付いていけなかった。容姿が好きになれないというのもあったけど、一緒にいて苦痛っていうのが大きかったな。
付き合って肉体関係に至ったのは、元カノと今の妻だけ。だから自分の人生ではかなり特別な存在だ。性格は合わなかったが、一緒にいた思い出は大切な自分の一部になっている。

初めて部屋に呼んだその日にキスをして、胸を触って、性器を愛撫した。風俗以外で女の体に触るのは始めてだったが、風俗に行っていたお陰でうまく出来た。32歳の女の性欲は強くて、すぐ濡れたし、恥じらいながら声を漏らした。素人の女のその反応に興奮して、部屋に来る度に彼女を満足させることが楽しくて仕方なかった。
でもセックスは出来なかった。一度試みたのだが、入らなかった。自分のは平均よりも大きい。百戦錬磨の風俗嬢からは今までセックスした中で二番目にデカイと言われたくらいだから相当だろう。出来なかった日の晩に彼女から泣きながら、処女であることを伝えられた。処女だからやりにくかったんだろうという告白だったが、自分には処女を破る覚悟を問われているように思えた。
だから挿入は結局最後まで出来なかった。付き合ってすぐ、自分はこの人とはいずれ別れると分かっていたからだと思う。悪いと思ったが、責任は一切取れなかった。快楽だけが彼女の存在価値だったのだ。
会う度にしたのはオーラルセックスだけ。彼女は処女なのですごく下手で自分は全くいけなかったのだが、下手なりにペニスを口に含んだり、パイズリして頑張ってくれた。体はいけなかったが、そういう行為に精神的に満たされた。そうした思い出が今も自分にはかけがえがない。全く愛してはいないが、ワンルームの小さいベッドでのあの行為が、自分にとってすごく大事なのだ。
セックスはしなかったが、指を入れた時の彼女の性器が数の子天井だったのを覚えている。未練はない。別れて正解だった。しかし、とても良い思い出だ。

レビュー:東香里 露庵

私はバイキングを趣味にしている。いろんな料理を一緒に食べることが好きだし、家族も同行できる最近発見した楽しい趣味である。


そんな中で、今回行ったのがこのお店。

https://s.tabelog.com/osaka/A2707/A270704/27015483/dtlmenu/?menu_type=1


バイキングって意外にホテルのレストランでやっているのが多いんですが、ここは店舗です。郊外にあって駐車場はかなり広く、車でも入りやすい。


入ってみての感想ですが、メニュー70種類はすごく多くて楽しいです。ちょっとずつ食べても全種類制覇ができない! そして、全部美味しいです。時間無制限


お値段は1680円なんですが、これも許容範囲ですね。ちょっと高めのランチと考えれば。


最初に案内してもらった店員さんが無愛想な感じはしましたが、絡みは最初だけだし、まあいいかな。


また行ってみたいお店でした。