無題

若手だった頃、憧れた先輩や上司がいた。

自分がその年齢になった時には、きっと並んでいるんだろうと。

 

期待もかけてもらった、機会ももらった。

難しい大病なんか一つもしていない。

両親、親類縁者、すべてまとも。

なのに、今、自分は何故こんなに自堕落な仕事しかできないのだろうか。

 

先のことは全く見えない。

味方になってくれる人はいつの間にか一人残らずいなくなった。

狂人、無能と切り捨てられた。

 

毎日楽しいことは趣味と子供。

これらがあるだけまだいいのかなぁ。